埼玉・東京・群馬の輸入住宅なら(株)古川工務店 自然素材を使用した南欧・北欧・北米・平屋・3階建て、ハンドメイド家具など

資料請求お問い合わせ
049-298-8002

株式会社 古川工務店

スタイル

ホーム > スタイル > ガレージスタイル

  • CLICK MENU
  • スタイル
  • プロヴァンススタイル
  • パノラマスタイル
  • スウェーデンスタイル
  • アメリカンカントリー
  • 平屋スタイル
  • クイーンアンスタイル
  • ジョージアンスタイル
  • ガレージスタイル
  • 2世帯スタイル
  • 3階建て
  • 店舗併用住宅
  • アパート
  • ホームへ戻る
ガレージスタイル

Garage Style ~British style~

ガレージスタイル ブリティッシュ / No.205 / H様邸

2台分のガレージと、トンガリ屋根の塔が目を惹くエレガントな佇まい

ガレージ 英国スタイル アンティーク感のあるシックな総タイル貼りの外観。塔の部分に設けたハールラウンド(半円形の窓)や白いポーチ柱が、H様邸を引き立たせている。

2台分のガレージを設けたH様邸。英国スタイルの外観にあった優美なデザインのガレージドアを採用。

両側にサイドライトがついた白い玄関ドア。外の陽光がガラス窓から差し込んで、明るい玄関に。

玄関ホールに設けた、吹抜けの大空間。大きなシャンデリアが存在感を放ち、吹抜けには窓を設けて開放的。

ステンドグラスがはめ込まれたリビングドア。エレガントな空気感によくあう、お客様も使える化粧台もアンティークスタイルの物を選んで。

多方面から陽光が差し込むリビング。天井を折り込んで、シャンデリアを設置。腰壁には面材に飾りをつけ、エレガントに。

仕切りはないが、壁の陰に設け、目線がいかないようにゾーニング。キッチン前のタイルはポイントに、絵の描かれているもの散らしている。

気品を感じる緩やかなカーブが特徴的な、サーキュラー階段。手摺壁は一部をホワイトに仕上げた。

2Fホールからみた玄関吹抜け。エレガントな大きなシャンデリアが、絵になる空間となっている。

仕切りを設けず、アール壁で自然にゾーニング。奥はハンドメイドの本棚を設けた、ファミリースペースに。

ホールに設けた本棚はハンドメイド。本棚を設置するために、廊下は広めに設計してる。

2ボウルの洗面化粧台。回りの壁と一体となるよう、壁と同じクロスで仕上げたハンドメイド家具。

開放的なパノラマが広がる寝室。ハーフラウンドの窓から差し込む陽光が、朝の目覚めを爽やかにしてくれそうだ。

Garage Style ~French Province~

ガレージスタイル フレンチプロヴァンス / No.245 / T様邸

気持ちがふんわり、木と塗壁のナチュラルな家

プレンチプロヴァンス ガレージスタイル  愛車を格納するビルトインガレージはT様の夢だった。

窓の下の花台は現場で出た廃材を譲り受けて奥様が作成。素朴な手作りが似合うのも、輸入住宅の魅力だ。木製の玄関ドアは標準仕様から選択。

吹抜けのある玄関ホール。シューズクロークは大きな扉よりも、圧迫感のないスイングドアにした。

明るいウッドカラーのインテリアに、奥様は「この木の色が好きなんです」。照明を柔らかく映す壁の質感に「塗壁にしてよかった」とT様。塗壁には自然素材を採用。

リビングの一角に設けたワークスペース。「すごく活用しています」と奥様。

タイル仕上げの化粧台と鏡は、インテリアの統一感も美しい。弊社得意の世界に一つだけのハンドメイド。

寝室に隣接する1.5帖ほどのスペースは、T様の趣味の品がぎっしり詰まった書斎という名のお城に。

2方向からの陽光が入る明るい子供部屋。窓にはアルゴンガス入りのペア樹脂サッシで、断熱性能だけでなく、音も漏れにくい。

Garage Style ~Antique~

ガレージスタイル アンティーク / No.263 / M様邸

どっしりとしたアンティークなデザインに個性の光る、珠玉の輸入住宅

アンティーク ガレージスタイル 「輸入住宅の佇まいをみて、一目で魅了されてしまった」とM様。外観デザインにマッチするよう、ガレージドアもハンドメイドした。

木製断熱玄関ドア、エージング加工の外壁、基礎までわざとデコボコに仕上げ、細部にまで「長年佇んでいたような」雰囲気こだわって。

窓枠のモールディングは塗壁仕上げ。エージング加工でアンティークに。

M様の愛車達。ガレージ内に作ったニッチには、小物やオーディオ機器を置いている。ディスプレイしながらオシャレに収納。

玄関ホールには、ガレージ内の様子が見えるような大きな窓を設置。

自然素材の塗壁、無垢床に飾り梁、アールの下がり壁など輸入住宅らしさを余さず盛り込んだ。

ドア、階段、そしてキッチンとの間の通路の奥は一段下がって趣味室へ・・・と、予測不能の間取りでわくわくする。

個性的なM様邸の中で、ミルク色のハンドメイドキッチンの甘く優しい表情にホッ心が和む。背面にはハンドメイドのキッチンシェルフ。

ナチュラルな質感の塗壁や、木製枠の両開き窓、床はムクフロア、天井にはむき出しの梁。存在感のある素材が調和した、温かみのあるリビング。

なんとも味わいのある雰囲気のコレクションシェルフはハンドメイドで。自然素材の塗料で仕上げた。

いずれはレザークラフトの教室を開く予定のクラフトルーム。ガレージ側から入室できるように設計。

レザークラフト用の道具や作品を「見せる」収納でオシャレにディスプレイ。

2Fはさらに階段上に各部屋があるスキップフロア。変化と遊び心に富んだ空間設計。手摺壁は上部を柔らかいアーチ状にほっこりと。

Garage Style ~Country~

ガレージスタイル カントリー / No.233 / N様邸

伝統的な北米スタイルに、ナチュラルな質感をプラスして

ガレージスタイル 伝統的なカントリースタイルの外観に、ビルトインガレージのついたN様邸。

半円形の窓が可愛い、パイン材の断熱玄関ドア。素朴で温かみがあり、手に馴染む質感が魅力だ。

ポーチの陰に隠れた窓でも、3つ整然と並んだ事で、陽光が差し込む明るいリビングに。腰壁や床に無垢材を使用したことで、ナチュラルな優しい空間となった。

間仕切りのないLDK。ダイニングとの境には、ガラスブロックをはめ込んだ。ガラスブロックで仕切ったことで、ダイニングからの明りもリビングに差し込む。

アイアンのタオル掛けが可愛い、アイランドはハンドメイド。側面にコンセントや棚を設け、天板はタイル仕上げ。奥様の「こんな風に使いたい!」を叶えて。

キッチン奥には、憧れの大容量のパントリー。キッチンに収納があることですっきりと。パントリー脇には勝手口もあって便利だ。

小屋裏を利用して、子供部屋にロフトを設置。木製の階段で登るのも楽しそうだ。

秘密基地のようなロフトには、明り取りの窓も設置。

広めにとった2Fホールには、ランドリースペースの役割も。

ホールに設けた手洗い用のペディスタルシンク。可愛い2段のニッチは、どんな風に飾ろうかと考えるのが楽しそう。

脱衣所に造作した家具。下部には扉をつけて、上部はオープンにしたデザイン。飾る収納でスッキリと。

小屋裏へのアプローチには、梯子ではなく階段を設置したことで、物の出し入れを楽ちんに。

ガレージ内部は、爽やかなエメラルドグリーンで仕上げている。

ページトップへ
資料請求